源為朝画 

Posted on 2021年10月7日

0

銀座コリドー街にある小さなカレー屋さん「ブラン亭」にて
源為朝虎狼那(コロナ)討伐之図が10月18日より設置されます。

源為朝は勇猛で知られた平安時代の武将で島流しになった大島では疱瘡が流行しなかったことから疫病退散・厄除けの神様とされており築地波除神社でも奉られております。


この機会に19日~20日、22日~23日の間14:00~17;00まで在廊しお披露目会を催したいと思います。在廊の間、オリンピック・パラリンピックを見て描いた墨絵原画を持参いたします。

そして、この数年一番足しげく通ったカレー屋さんです。このカレーを是非とも皆さんに召し上がっていただきたいと思っています。人気のお店なのでランチタイムを避けているためお昼には少し遅い時間帯になってしまいますがどうぞカレーと共に楽しんで頂ければと思います。

ご都合付きましたらどうぞ、お越しください。
お待ちしております。


水野俊介さん

Posted on 2021年10月2日

0

2002年にNYで展示をした際の作品です。

モデルは知り合いの5弦ウッドベーシスト水野俊介さん
私が絵を描きだした頃に知り合い、ライブに多数お邪魔させて頂きお世話になりました。お家にもお伺いした事があり青梅で一面の梅を一緒に見たりしました。


物静かで、一緒にいてとても落ち着く方でした。近年、知人と水野さんのライブがあったら久しぶりに一緒に行こう、とお話していたのですが一度機会を逃し、その後コロナで、そう言えば定期的に来ていたライブのお知らせがないなぁ、と。
九月の長雨の際に水野さんのCDを聞きたくなってしばしその音に耳を傾けました。その九月半ばにご逝去されたと言う訃報が届きました。
今は彼の地で一緒に演奏された盟友と演奏を楽しんでいる事でしょうね。
明日、ゆっくりと水野さんの音を楽しみたいと思います。

水野俊介さんのご冥福をお祈りします。

1738年から続く大国魂神社の秋季祭にJPAL会員の菅さんのご紹介で行燈の絵を奉納させて頂きました。奉納行灯は大正14年から始められたそうです。徳川家に栗を奉納するようになって秋季祭を「くり祭り」と呼ぶようになったそうです。

通りに出店はなく、例年のお祭を知る方には寂しい光景かもしれませんが
上演している神楽の音だけが境内に響き渡る雰囲気も必要最小限のものが残る清々しさの様なものを感じました。夕やみに包まれ行燈に光が入るとそれまでとまた違って見え私の絵は中に光が入って完成する作りなので暗くなるのを待って、帰りました。

牛展ライブペイント動画

Posted on 2021年9月25日

0

当日の様子を10分ほどの動画にまとめて下さいました。

どうぞご覧ください。

牧場ライブペイント

Posted on 2021年9月12日

0

9月11日から始まりました「牛展4」のオープニングイベントとして企画された
牧場ライブペイント、無事終了いたしました。

当日は午前中雨が降っていて
当初予定していた草原ではなく別の場所で、、一体どこで、、
雨粒が入るとやはり難しいよな、、などといろいろと考えを巡らせていましたが
会場入りするころにはやんで見事な晴天の下行う事が出来ました。

当日の運営は会場をご提供頂いた磯沼ミルクファームのスタッフさんと
牛展代表の高田さんに全て取り仕切って頂き
非常にスムーズに行われました事、改めてお礼申し上げます。

会場について準備を進めますが
後ろの放牧場にいるはずの牛が、、いない!
えっ、それは想定外、、と思っていたら
描き始めてから呼ぶとの事。
ものすごい演出です。

あっと言う間にわらわらと集まってきてくれました。


牛に囲まれ、虫にも囲まれ、
絵を見てくれる方もいらっしゃって
嬉しさに包まれながら絵を描かせて頂きました。
こういう野外でのライブペイント、やってみたかったんですよね。
お天気だけが心配でしたがこの通り、強い日差しで、、、

暑かった…。
汗がだらだらながれました。

こちらで完成です。
メイン二つだけ決めて
あとは現地調達、と思ってましたが
思いのほか牛の皆さん、興奮されて落ち着かなくてですね
なんだかまとまらない絵になった気もするのですが
この日の牛に囲まれたカオスの一部だと思っておきます。

楽しいひと時でした。
会場にお越しいただいた皆さん、
配信をご覧頂いた皆さん、ありがとうございました。

動画は再編集してyoutubeにUPされる予定です。

all photo by MeaYA