週刊ポストでもご一緒した土橋章宏さんの小説でまた挿絵を担当させて頂くことになりました。
ご機会に感謝いたします。

「号外!幕末かわら版」と言う
幕末を舞台にかわら版屋をメインにした物語です。
歴史上の人物も多く登場するそうです。

全国の地方紙10社ほどで連載される予定で
まずはその第1弾となる京都新聞で先日告知がされ、
今日25日から連載が始まります。
新聞の一面に名前が載るって、なかなかない経験ですね~。
新聞は送って頂けるらしいので家宝にしようと思います。

新聞社によりスタートがずれるので
全ての掲載が終わるまでイラストは非公開との事です。
皆様のお近くの新聞にも掲載される事を願います!

小学校墨絵授業

Posted on 2019年12月16日

0

3年前から6年生対象の墨絵授業を近隣二校の小学校で受け持っています。
初めのうちはどんな反応を得られるか、興味を持ってくれるか、など不安に思うこともありました。
何せ子供たちは殆どが墨絵で絵を描くのは初めてでしょうから、何から教えればよいか、などと戸惑っていました。


ですが最近は「墨で描く」部分はかなり速足で
「絵を描く」部分を多く盛り込んで進めることにしています。
最初の年は水と墨の関係をゆっくりと、筆でいろんな模様を描いてじっくりと楽しんでから
絵を描く様にしていましたが、今年は最も短く、筆に水と墨をつけて1,2度模様を描いたら、すぐに絵を描く様に進めました。
どちらが良いかはわかりませんが、やはり「絵を描く楽しさ」を感じながら
「墨の面白さ」も発見してくれればと思います。


最初にデモンストレーションとして私が大きな絵描きます。
具体的なサンプルを最初に見せる感じです。

それから筆の簡単な使いから模様、ブドウ、富士山や初日の出の絵などを描きます。

初日は龍まで書いて終了です。



二度目の授業で鯨に挑戦します。



水中写真家の小川保さんの写真を見ながらいろいろな鯨が生まれます。

少しでも墨の世界に触れ、絵を描く楽しさを感じてもらえれば幸いです。

墨絵ふれあい教室

Posted on 2019年11月18日

0

地域の小学校でふれあい教室が行われました。
希望者に1時間の授業をする体験教室です。
墨絵のほかにも将棋、どんぐりアート、紙飛行機など
地域の方が先生になるいろいろな教室があります。

今年のお題はねずみにしましたが
比較的筆で形を作りやすいので
非常に滞りなく進み
みんな集中して自分のネズミつくりに熱中していました。

最後はカブを描いてからネズミを入れる、と言う
ちょっと高度な絵作りにも挑戦しました。

少しの時間ですが
墨絵を楽しんでもらえれば何よりです。

横浜YMCAactで毎年似顔絵描きをしているご縁で
保育園の催し物にお邪魔させて頂きました。

園の保護者や先生方が主体となり
ゲームコーナーやデザート、食事のブースを設け
献品によるバザーを開き収益金を被災地域・国際協力募金にする取り組みです。
その片隅に私も似顔絵コーナーを設けさせていただきました。


にこにこした園児に囲まれ
楽しく過ごすことが出来ました。

また、当日は墨絵のライブペイントの行いました。


はじめて見る?ライブペイントに皆さん何が始まるのか、と
最初は戸惑っている様子も見られましたが絵が出来上がると。。

ねずみのカブラグビー

とても喜んで頂けたようです。


また来年も都合つきましたら
楽しい時間を過ごしに伺いたいと思います。

関係者の皆様、お世話になりました。

墨絵教室

Posted on 2019年10月31日

0

2年前から小学校での墨絵の授業を受け持っています。
今年も二校で担当します。


と同時に地域のお祭りでの小さい子も参加する墨絵教室もやります。
そして今年は例年YMCAでやっているチャリティー似顔絵を
保育園でもやることになりました。
保育園ではライブペイントも予定しています。

そしてその4つの予定がすべて、、、11月にあります。

小さい子も参加する墨絵教室では
1時間で初めて墨絵を体験し、絵を描いてもらいます。
なので出来るだけ簡単な絵を用意しなければなりません。

来年の干支のねずみとカブの絵を用意しました。

小学校の授業では昨年と同じ、鯨の絵を描く予定です。

写真家・小川保さんの写真をお借りして描いています。

最初2時間で墨と筆の扱いをゆっくり試して
次の2時間で鯨を描きます。

そして保育園では、、最近園児に人気なのは恐竜と聞きましたが…

私が恐竜を描くと怖くなってしまい
これを大きなサイズで描くと、、園児にとっては恐怖の時間となってしまうかもしれません。
恐竜ではなく、干支のネズミがいろいろなスポーツをしている絵を描こうかと思っています。

無事にすべての授業がうまく行くことを願います。